ハイジニーナ脱毛できない人

MENU

ハイジニーナ脱毛できない人

多くの脱毛サロンは光脱毛やレーザー脱毛を採用していますが、脱毛の性質上、以下にに該当する方はハイジーナ脱毛が受けられなくなっています。1つ目は日焼けや色素沈着をしている方です。

 

これらの脱毛法は、皮膚下にあるメラニン色素の黒い色に反応して毛根を破壊して脱毛していくのですが、日焼けや色素沈着しているとその部分が過剰に反応をしてしまい、肌トラブルを起こす可能性が高くなるからです。

 

女性の場合、デリケートゾーンは下着の摩擦などで色素沈着しやすく、脱毛効果を実感しにくくなるので普段から保湿をしたり、摩擦の起きにくい素材の下着を選ぶようにしておくと良いでしょう。2つ目に毛抜きで毛根からムダ毛を処理している方です。

 

せっかく光やレーザーををあてても、、メラニンがある毛根がないので全く意味のない行為になってしまいます。それだけではなくピンセットによる自己処理は毛穴に雑菌が入りやすくなりトラブルの原因になりますので、ピンセットで直接抜くのではなく、電動シェーバーでの自己処理を行いましょう。

 

3つ目に妊娠中や生理中の方はハイジニーナ脱毛は出来ません。妊娠中や生理中は女性ホルモンのバランスが普段と異なり、脱毛効果を期待できないだけでなく、肌が敏感になっており刺激を感じやすくなったり、肌トラブルを起こしやすくなるからです。

 

こちらに該当する方は出産後もしくは生理が終わってから施術をしてもらいます。
ハイジーナ脱毛をしようと考えている方は、これらのことを頭に入れておきましょう

関連ページ

未成年の脱毛に関して注意すること
未成年の脱毛は可能です。最近は、未成年の脱毛が可能な脱毛サロンが増えてきましたが、注意点もあります。
脱毛サロンのかけもち
脱毛サロンでかけもちするのは、今や女子にとって当たり前です。キレイモ・ミュゼ・銀座カラーなどを書け持っている人はいます。
脱毛とお酒の関係
脱毛する前に脱毛に関する知識を持っておきましょう。脱毛とお酒は意外と関係しているので注意しないといけません。
ハイジニーナ脱毛とは
ハイジニーナ脱毛とはVライン脱毛やVIO脱毛などのアンダーヘアの脱毛つまりデリケートゾーンの脱毛のことです。