脱毛とお酒

MENU

脱毛とお酒

脱毛とお酒は意外と関係しているので注意しないといけません。脱毛を受ける場合、施術前日と施術直前は、お酒は禁止されています。多少はいいだろうと安易に思っていると、施術当日に痛みを強く感じたり、肌トラブルを起こすことになります。脱毛する場合、お酒がダメなのは、アルコールを飲むと肌が乾燥するからです。

 

脱毛,お酒
お酒と脱毛は関係あります

 

アルコールに利尿作用があり、水分がどんどん消費されていきます。飲酒すると水分がなくなりやすくなります。お酒を飲むと体温が上昇するので、肌からも水分が蒸発します。通常でも肌からは1日約600mlもの水分が失われるのですが、飲酒時にはそれ以上になります。

 

脱毛,お酒

 

お酒を飲むと有害成分を解毒したり、排泄するために体内の水分がどんどん使われるので、肌はどんどん乾燥していきます。お酒を脱毛する前の日に飲むと、肌が乾燥した状態で受けることになるので、バリア機能が低下しヤケドしやすくなります。飲酒後は体温が上昇しやすく、体温が高くなった状態で施術を受けると、赤みやかゆみ、痛み、腫れなどが出やすくなります。美しい肌を望むなら、施術前日は飲酒を控えることです。

 

キレイモでは、お酒の飲酒と脱毛のことについて詳しく教えてくれます。
キレイモの無料カウンセリングを利用しましょう。

 

キレイモの無料カウンセリングはこちら
http://kireimo.jp/

関連ページ

未成年の脱毛に関して注意すること
未成年の脱毛は可能です。最近は、未成年の脱毛が可能な脱毛サロンが増えてきましたが、注意点もあります。
脱毛サロンのかけもち
脱毛サロンでかけもちするのは、今や女子にとって当たり前です。キレイモ・ミュゼ・銀座カラーなどを書け持っている人はいます。
ハイジニーナ脱毛できない人
ハイジニーナ脱毛できない人はいます。ある条件を満たしていない場合はでききないこともありますので注意しましょう。
ハイジニーナ脱毛とは
ハイジニーナ脱毛とはVライン脱毛やVIO脱毛などのアンダーヘアの脱毛つまりデリケートゾーンの脱毛のことです。